あがり症

あがり症についてです。

あがり症の記事一覧

β遮断薬のデメリット

あがり症に効果的な対処法の一つとして、あがり症の原因となる神経伝達物質の分泌を抑えるβ遮断薬という薬の服用が挙げられます。β遮断薬は、心筋梗塞や不整脈といった心臓病を予防するための薬として、医療機関でも使われているので安全性は高いと言えます。しかし、心臓への作用が大きいということ...

β遮断薬のデメリットの続きを読む>

あがり症に効く薬

あがり症に効く薬としては、まず緊張状態に陥った際に手足が震えたり、赤面するといった症状を作り出す心拍数や血圧の上昇を抑圧する身体的な作用のある薬と、人前で話すことが不安だという気持ちをリラックスさせる精神的作用のある薬の2種類に分けられます。身体的作用のある薬には脳内のノルアドレナリンの分泌を抑え、...

あがり症に効く薬の続きを読む>

あがり症に効く薬の副作用

あがり症の治療法として薬の服用は効果的ですが、心配なのはやはり副作用ですよね。あがり症に効くとされる薬には、心拍数や血圧の上昇を抑えるβ遮断薬というものがありますが、心臓の働きをすこし弱める作用があるので心臓の弱い人や、低血圧の人は避けたほうがよいと言えます。更に、血液の流れが滞るので冷え...

あがり症に効く薬の副作用の続きを読む>

あがり症の市販薬のデメリット

あがり症を改善するために病院にいくのはちょっと抵抗がある、まずは自分で何とかしたいという人なら薬局でも購入できる市販薬を服用するのも効果的です。あがり症に効くとされる市販薬には色々なものがありますが、飲んでも大丈夫かな?と不安に感じる人も多いでしょう。市販薬の中でも、ハーブなど自然の生薬を使っている...

あがり症の市販薬のデメリットの続きを読む>

あがり症に効く漢方薬

あがり症対策として、漢方薬も効果的だと言われています。漢方薬は、自然の生薬を用いているので体への負担が少なく飲みやすいと言えます。東洋医学では、気の流れに異常があると緊張状態が生まれると考えられています。交感神経と副交感神経のバランスが乱れて「肝」が興奮状態になり、それが「気」に伝わり、鼓動が早くな...

あがり症に効く漢方薬の続きを読む>

あがり症に効く漢方薬の副作用

あがり症対策として漢方薬は、緊張をほぐして気持ちをリラックスさせる作用があるということで、よく用いられます。漢方薬を服用する際は、副作用が気になるという人もいると思いますが、漢方薬は自然の生薬からできているので基本的には体へのダメージも少なく、長期間服用できるというのが特徴です。でも体質などによって...

あがり症に効く漢方薬の副作用の続きを読む>

あがり症を改善するための催眠療法

あがり症の克服法として、催眠療法も効果的だと言われています。催眠療法というのは、人間が日常的に意識している状態の水面下にある無意識の状態、つまり潜在意識に働きかける方法です。催眠状態というのは具体的に、よく体をマッサージしてもらっている時などに、完全に熟睡はしていないけど気持ちよくなって、うとうとし...

あがり症を改善するための催眠療法の続きを読む>

スピーチで緊張しないためのあがり症克服法

会社の朝礼や結婚式などでスピーチをする機会がある人も多いですが、あがり症の人にとっては大勢の人前で話をするのはとても苦痛に感じ、手足が震えて冷や汗が出てきて、何を話していたのかわからなくなり失敗してしまったという経験も少なくないでしょう。でも人前で話す機会というのは意外と多く、日常生活を送る上では避...

スピーチで緊張しないためのあがり症克服法の続きを読む>

対人恐怖症

対人恐怖症というのは、人前で緊張して思った通りの話ができなかったり、赤面したり人の視線が気になるなどして、人と思うように会話ができなくて、初対面の人と会うのを避ける心理が働き、良好な人間関係が構築できないことを言います。また、元々神経質で小さなことにもくよくよしたりする性格の人や、怖がりで臆病な人、...

対人恐怖症の続きを読む>

赤面症

赤面症というのは、人前に出ると緊張や不安で顔が真っ赤になってしまう症状のことです。また、顔が真っ赤になることを気にして精神的なストレスを感じている人もたくさんいます。主に、小さなことが気になったり、心配になってしまう人や過去に人前で恥をかいたなどトラウマを持っている人、自分に自信がない人などがなりや...

赤面症の続きを読む>

 | 

このページの先頭へ